大 会 長 挨 拶

2020年度関東甲信越診療放射線技師学術大会を2020627()28()の両日、群馬県高崎市のG メッセ群馬で開催する運びとなりました。群馬では前回2010年前橋市での開催以来、今回10年ぶりの開催になります。

今大会テーマ及びサブテーマを「心伝える今動き出す~安心できる医療をここから~」とさせていただきました。社会における医療の安全性については今までも様々なところで検討がなされていますが、医療従事者は常に念頭におき業務にあたることが求められています。画像の見落としによる患者様の不利益に代表されるように、我々診療放射線技師が関わる業務の中にも当てはまる事例が多々あります。またインフォームドコンセントによる患者様との信頼関係も安心な医療を行う上に欠かせないことでもありますし、さらに20204月から施行される「医療放射線の安全管理」についても国民の皆様から見える職業として努めていかなければなりません。様々な視点から安心できる医療について皆様と意見交換ができる場にしていただけたらと考えています。

 

公開講座等では、メディアでもおなじみのコミュニケーション研究家の藤田尚弓さんによる講演をはじめとして皆様に群馬にきて良かったと思っていただけるような企画を準備しています。会場となるGメッセ群馬も開業して間もない時期の開催となるため、北関東最大級のコンベンションセンターとして皆様にお披露目できるのを心待ちにしています。さらに学術大会のみならず群馬の自然、温泉、グルメ等も堪能していただければと思います。皆様のお越しをお待ち申し上げております。